ウコンってなんだろう?

東洋に伝わる最も古い伝承医学「アーユルヴェーダ」。
その中でも「最高の薬草」と言われているのが「ウコン」です。

昔からウコンは身近なところにありました。

体質を改善するには長い時間がかかります。 その点、ウコンは副作用の心配がなく、特に秋ウコンは飲食に幅広く利用できることから、長くつきあえる利点があるのです。

だから、秋ウコン。

だから、沖縄産。

亜熱帯植物であるウコンには高温多湿である沖縄の気候が最適です。 さらに、沖縄の土壌にはサンゴや貝殻からのカルシウムなどのミネラル分が豊富に含まれ、 水はけが良いので、薬効の高い上質のウコンができるのです。

ご存知ですか?

今やウコンは200億円市場と言われていますが、その中で沖縄産はたったの1割程度。 貴重な高級ウコンのため、一般のウコンと比べ5〜6倍もの値段がつきます。

だから、国産。だから、安心。

ラヴィのウコンは全て沖縄の契約農家で栽培したものを原料にしています。 毎日お召し上がりいただくものだから、農薬も使っていません。 安価な輸入ウコンではない「安心」をお届けします。

ウコン(クルクミン)の2大効果

だから、続けてほしい。

ウコンの恵みを実感していただくために、ラヴィでは継続して お召し上がり頂くことをおすすめしています。

ウコンの恵み 天然秋ウコン

成分を見る

<内面美容食品>150粒入り 商品コード/01006

小売価格 6,300円+税
メンバー価格 5,000円+税

ウコンをはじめ美肌に最適なナチュラルハーブを配合したスキンケア感覚の内面美容食品です。
体の中の細胞から美肌づくりを意識して、素肌の健康維持に役立ちます。

主な成分 ウコン・植物性コラーゲン配合
お召し上がり方 ウコンの恵み 天然秋ウコンは食品ですから、お召し上がりになる量に特別な制限はありませんが、大人1日1回5粒を目安として水またはお湯でお召し上がりください。
● 体調に合わないときは、お召し上がりの量を減らすか、ご使用をおやめください。
● 合成保存料は使用しておりません。
● 幼児の手の届かない涼しい場所に保管してください。

ウコンの恵み おいしいウコン茶

成分を見る

ティーバッグ2g×20袋入り 商品コード/01055

小売価格 6,300円+税
メンバー価格 5,000円+税

沖縄産秋ウコンをはじめとするハーブをブレンドした、超高級健康茶。
まろやかな香りと味わいが疲れた体を温めます。

主な成分 秋ウコン(沖縄産)・カモミール・サフラワー(紅花)・紅茶・ジンジャー(生姜)
お召し上がり方 【急須でお飲みいただく場合】
1.急須にティーバッグ1袋を入れて熱湯を注ぎます。
2.お好みの濃さになれば湯飲みに注いでお飲みください。
【煮出してお飲みいただく場合】
1.ティーバッグ2袋(4g)を1リットルの水に入れ火にかけます。
2.沸騰後、5分間煮出します。
3.冬はホットで、夏は冷蔵庫で冷やしてお飲みいただけます。

ウコンの恵み スーパーウコンドリンク

成分を見る

1本入り 商品コード/01058

小売価格 1,140円+税
メンバー価格 900円+税

10本入り 商品コード/01059

小売価格 10,000円+税
メンバー価格 8,000円+税

徳用(30本入り) 商品コード/01060

小売価格 28,200円+税
メンバー価格 22,500円+税

沖縄産の春ウコン・秋ウコンをブレンドした醗酵ウコンに、高麗人参・カキ肉エキス・植物性コラーゲンなどを加えた美容と健康のためのドリンクです。

主な成分 醗酵ウコン・クロレラCGF・人参抽出物・カキ肉抽出物・DNA・植物性コラーゲン・月桃エキス配合
特徴 ●好相性の醗酵ウコン+カキ肉エキスに高麗人参をプラスして滋養強壮力をアップ!!
●ドリンクタイプなので体内への吸収力が良い!!
こんな方にオススメ!
●体力に自信のない方
●食生活が偏り気味な方
●美容・健康を心がけている方

天然秋ウコン小分けセット

成分を見る

<内面美容食品>5粒入り×60包 商品コード/01018

小売価格 12,600円+税
メンバー価格 10,000円+税

天然秋ウコンを5粒ずつ袋詰めにしてますので携帯用に大変便利です。

主な成分 ウコン・植物性コラーゲン配合
お召し上がり方 ウコンの恵み 天然秋ウコンは食品ですから、お召し上がりになる量に特別な制限はありませんが、大人1日1回5粒を目安として水またはお湯でお召し上がりください。
● 体調に合わないときは、お召し上がりの量を減らすか、ご使用をおやめください。
● 合成保存料は使用しておりません。
● 幼児の手の届かない涼しい場所に保管してください。
秋ウコン末 ウコンは、ショウガ科の植物で英名はTurmeric(ターメリック)。
草丈約1m、長楕円形無毛の大型の葉をつけ、日本では9~10月に葉の間から20cm程の花穂を出し、白~淡桃色をした花をつけます。
主要成分としてクルクミンを多く含み、カレー粉の原料として30~40%を占めることからもわかるように食品としての適応性に圧倒的に優れています。
琉球王朝時代から独自の文化を築いてきた沖縄では、ウコンは「ウッチン」と方言で呼ばれ、胃が弱ってきた場合の健胃薬として、また結核や喘息の治療用民間薬として使われてきました。
また、沖縄では古くからウコンは”肝臓病の特効薬”と言われてきました。
お酒を飲む前に飲んでおけば悪酔いをしないといったことも広く知られています。
シリマリン キク科オオアザミ属のマリアアザミから抽出した成分で、このマリアアザミは古くから強壮・食欲増進作用があるハーブとして肝臓疾病や便秘の治療に用いられてきました。
シリマリンは肝機能や腎機能を高める効果があり、ドイツでは医薬品として認可されるほど高い評価を得ています。
また、抗酸化作用も高く、ウコンとの相乗効果があります。
植物性コラーゲン(人参由来) コラーゲンは体を構成する基本的な成分ですが、年をとると体内で合成する力が衰えますので、適度に摂取することにより、それぞれの部位においては常に若々しさを保つことにつながります。
ホップ ホップとはクワ科蔓性のツル性多年生植物でハーブの一種。
古代から薬草として用いられて来ましたが、現在ではビールに苦味と芳香を与える原料として用いられています。
ギシギシ ギシギシはタデ科の植物で、生薬名は羊蹄根(ようていこん)といいます。
葉は食用としても用いられますが、根の薬効は高く便秘・にきび・高血圧・動脈硬化などに効果があります。
キダチアロエ キダチアロエはユリ科アロエ属の植物で、紀元前の昔から薬用として用いられており「医者いらず」と呼ばれるほどその効果は広い。
便秘から腎臓疾患までどんな症状にもよく効く万能薬であるとされています。
クミスクリン クミスクチンはシソ科の植物で、「インド腎茶」「ジャワ茶」の名前で古くから腎臓病の伝承医薬として広く使われています。
ドイツでは利尿薬として使用されるほど利尿効果が高く、腎結石・糖尿病・高血圧・リウマチの治療にも用いられます。
また、抗酸化作用も高く、ウコンとの相乗効果があります。
ビタミンA ビタミンAとは、目のビタミンとも呼ばれる脂溶性ビタミン。
視角作用を正常化させたり、夜盲症(暗いと見えなくなる病気)の軽減や、皮膚や粘膜の健康を維持する働きをする。
ビタミンB1 ビタミンB1とは、疲労回復のビタミンとも呼ばれる水溶性ビタミン。
炭水化物や糖質をエネルギーに変える働きをする。
脳のエネルギーとなるブドウ糖の代謝にも欠かせないビタミンである。
脳の働きを良くしたり、アルツハイマーの予防などにも効果があるとされている。
また疲労回復やストレス解消にも効果があるとされている注目の成分である。
ビタミンB2 ビタミンB2とは、糖質やタンパク質の代謝、脂肪の分解をする水溶性ビタミン。
脂肪分の多い食事をする人には欠かせないビタミンである。
また、ビタミンB2は特に女性には欠かせないビタミンで、皮膚や肌、爪、髪などの発育や抵抗力を強める。
ビタミンB2が不足すると口内炎や眼精疲労、白内障などが起こる。
ビタミンB6 ビタミンB6とは、タンパク質の代謝を行う水溶性ビタミン。
脳や神経の刺激伝達を行うアミノ酸生成にも不可欠なビタミンである。
またビタミンB6は、免疫力を向上させるため、アレルギーに強くなる。
ビタミンB6が不足すると、貧血や動脈硬化、口内炎などになる。
つわりや月経痛の軽減にも効果があるとされている。
妊娠中は特に摂取したいビタミンである。
ビタミンB12 ビタミンB12とは、赤血球の生成を行う水溶性ビタミン。
貧血は鉄分不足も上げられるが、ビタミンB12が不足しても起こる。
またビタミンB12は、集中力、記憶力を高めて精神を安定させたり、腰痛や肩こりにも効果があると言われている。
ビタミンC ビタミンCとは、美容のビタミンとも呼ばれる水溶性ビタミン。
細胞間を支えているコラーゲンの生成に欠かせないビタミンである。
ビタミンCが不足すると、肌の張りがなくなり、出血しやすくなる。
またビタミンCは、抗酸化作用があるため、老化を遅らせるとも言われている。
さらに、鉄分の吸収を助けるため、貧血予防にも効果があるとされている。
喫煙するとビタミンCが大量に失われるため、喫煙者は一般の2~3倍のビタミンCが必要だと言われている。
ビタミンD3 ビタミンDとは、太陽のビタミンとも呼ばれる脂溶性ビタミン。
紫外線に当たることによって体内に吸収されるものと、食事から摂取されるものがある。
ビタミンDは、カルシウムの吸収を良くし、カルシウム濃度を調整する働きがある。
カルシウムが不足すると骨や歯が弱くなる。
摂取する時はカルシウムを一緒に摂ると良い。
ただ、摂りすぎると逆に腎臓などに負担をかけるため正しい用量を守らなければならない。
ビタミンE ビタミンEとは、老化や身体の様々な不調の原因とされる活性酸素を除去してくれる働き(抗酸化作用)がある脂溶性ビタミン。
特に血中の酸化を防ぐため、動脈硬化の予防や、悪玉コレステロールの除去などに強い効果があるとされている。
また、ビタミンEには、不妊治療や更年期障害などの女性ホルモン特有の症状にも効果があるとされている。
さらには、冷え性や肩こり、肌荒れなど、血行による症状にも効果があると注目されている成分である。
ナイアシン ナイアシンとは、ニコチン酸やニコチン酸アミドなどの総称でビタミンB群の一種、水溶性ビタミン。
糖質や脂質の代謝を促す働きがあり、体内で必要なエネルギーのうち、70%近くをナイアシンが作っていると言われている。
ナイアシンは血行を改善し、脳神経の働きを強める。
また、様々な炎症を引き起こすとされるヒスタミンを抑制する働きがある。
葉酸 葉酸とは、ビタミンB群の一種で、水溶性ビタミン。
反応に関わるとされている。
DNAの合成や細胞分化に作用するため、胎児や乳幼児に不可欠なビタミンである。
そのため、妊娠中は積極的に摂取することが勧められている。
また、肺ガンや子宮ガン、心臓発作、脳卒中などの予防にも効果があるとされている。
乳酸菌 人の腸内には、良い働きをする善玉菌と、悪い働きをする悪玉菌が住んでいます。
乳酸菌は善玉菌の一種であり、乳酸やビタミンを作ります。
乳酸菌が腸内で増えると腐敗菌や病原菌などの悪玉菌の増加を抑えます。
また人の免疫力を高め、ガンや病原菌に対する抵抗力を強めます。
乳酸菌は整腸作用にも優れ、便秘や下痢を改善します。
乳糖 乳糖は、病原菌の基質にはなりにくく、乳酸菌を増やす働きがあるので、整腸作用があり便秘等に効果があります。
さらにカルシウムの吸収を促進することが分かっています。
セルロース セルロースは、植物細胞の細胞壁および繊維の主成分で、冷水にも熱水にも溶けない、不溶性食物繊維です。
ショ糖脂肪酸エステル ショ糖脂肪酸エステルとは、油脂から得られる脂肪酸と砂糖を反応させて製造される乳化剤のひとつ。
秋ウコン 琉球王朝時代から独自の文化を築いてきた沖縄では、ウコンは「ウッチン」と方言で呼ばれ、胃が弱ってきた場合の健胃薬として、また結核や喘息の治療用民間薬として使われてきました。
また、沖縄では古くからウコンは”肝臓病の特効薬”と言われてきました。
お酒を飲む前に飲んでおけば悪酔いをしないといったことも広く知られており、現在でも、健康維持のために自分の家の庭で栽培したウコンを薄くスライスして乾燥させ、煮出して毎食後お茶がわりに飲んでいる人もいるほど、沖縄では親しまれている植物です。
カモミール 日本人が「風邪の引き始めに葛根湯(葛根湯)を連想するとしたら、ヨーロッパの人はカゼと言えばカモミール・ティーを思い浮かべるほどポピュラーな民間薬として1600年代から親しまれてきました。
リンゴに似た甘い香りには、高いリラックス効果があり、不眠症やストレスによって生じるイライラや気分の落ち込みを解消します。
また、ホルモンのバランスを整えるのに効果的で生理不順や冷え性、貧血の改善にも役立ちます。
消化促進作用にも優れ、食べ過ぎ・腹痛・風邪の症状にも良いとされています。
サフラワー(紅花) “中国では月経痛、無月経等の治療に使われています。
ヨーロッパでは発熱、皮膚の発疹の治療薬です。
骨盤内の血流を促進し、子宮を興奮させますので、月経不順、冷え性、血行不良、肩こり、頭痛、めまい、貧血、更年期障害といった女性に多い症状によく効きます。
また、血管拡張作用があり、動脈硬化予防にも最適です。
ただし、子宮への刺激が強いので、妊娠中は避けた方がよいのですが、出産後に飲めば、産後の肥満を防ぎ、母乳の出を促すと言われます。
血行を良くすることでシミやニキビにもよい効果が期待出来ます。
紅茶 紅茶の茶葉にはフラボノイドという抗酸化物質が含まれています。
フラボノイドはビタミンCビタミンEなどのよく知られた抗酸化物質よりも、活性酸素を除去する力が強いと言われており、活性酸素によって起こるシミやシワ、老化などの防止が期待できます。
また、紅茶の赤色色素テアフラビンには、身体を暖める作用があります。
疲労回復・利尿作用で知られるカフェインは、お茶のコクや深みを増しています。
ジンジャー(生姜) 古くから病気を治す「妙薬」として考えられたジンジャー(生姜)は、料理などに多く使われ愛されています。
ジンジャーに含まれるタンパク分解酵素には消化を良くする働きがあります。
また、血行を促進し身体を暖める作用があるため、腹痛・下痢・冷え症・夜尿症にも効果があります。
辛味成分のジンゲロール、ショウガオールには抗酸化性があることも分かっています。
果糖ブドウ糖液糖 でん粉を酵素でぶどう糖に分解し、さらに一部を酵素によって果糖にかえた液状の糖。
甘味の質は砂糖に極めて近く、すっきりした清涼感がある。
醗酵ウコン 春ウコンと秋ウコンを原料にウコンの苦味と香りを改善し飲みやすくしたウコン。
乳酸醗酵させることで、体内への吸収率が高まります。
クロレラCGF クロレラとは、緑藻類の淡水プランクトンの一種。
クロレラは60%が良質タンパク質からできており、炭水化物、葉緑素、ミネラル、ビタミンなど多くの栄養素を含んでいる。
クロレラは免疫力を高め、滋養強壮、貧血改善、脂肪代謝の促進などの効果があるとされている。
人参抽出物 高麗ニンジンは、オタネニンジンとも呼ばれて古くから用いられてきた生薬であり、日本でも古くから漢方薬として利用されてきました。
主成分はサポニン配糖体で ビタミンB1 や ビタミンB2、亜鉛、マグネシウム、カリウムなどのミネラル、アミノ酸などの有効成分が多く含まれています。
サポニン配糖体は、体内の細胞や臓器の働きを活発にし、虚弱体質の改善や肉体疲労の回復、滋養強壮などの効果が認められています。
カキ肉抽出物 牡蠣は、別名「海のミルク」と呼ばれるほど、良質のタンパク質やビタミン、ミネラルなどをバランス良く含んでいる貝類である。
特に生牡蠣の成分を抽出したカキエキスには、タウリン(アミノ酸の一種)やグリコーゲン、亜鉛などが豊富に含まれており、疲労回復や肝機能の改善、血栓の予防などに効果があるとされている。
DNA 核酸とは、細胞の分裂と生成を担う成分で遺伝情報を持つDNA(デオキシリボ核酸)と、遺伝情報に従ってタンパク質を生成するのを助けるRNA(リボ核酸)の2種類がある。
核酸は細胞の新陳代謝に欠かせないが、加齢と共に核酸の合成が衰え、新陳代謝が低下して老化が進むため、食品から補給する方が良いと言われている。
核酸を多く含む食品としては鮭やふぐ白子、ちりめんじゃこなどに多く含まれている。
ビタミンEやビタミンB群と一緒に摂るとより効果的。
核酸は老化防止や美肌効果、ガン予防などにも効果があるとされている。
植物性コラーゲン コラーゲンは体を構成する基本的な成分ですが、年をとると体内で合成する力が衰えますので、適度に摂取することにより、それぞれの部位においては常に若々しさを保つことにつながります。
月桃エキス 月桃とは、インド南部、東南アジア、南西諸島などの亜熱帯の地域に群生するショウガ科の植物のこと。
日本では、沖縄で群生していて、現地では身近な植物として利用されてきた。
月桃の葉や茎、根茎には防虫、防菌、防カビの効果がある。
この防カビ効果が、皮膚カビも除去してくれる。
また、種子には、咳止めの効果や整腸作用があると言われ、古来から漢方薬として利用されている。
シルクペプチド シルクペプチドは、蚕がつくるタンパク質であるシルクを分解し、ペプチド結合状態にしたもので、近年「食べるシルク」として注目を集めています。
食べることにより上質なアミノ酸を体内に効率よく摂取でき、潤いのある美肌づくりにプラスに働くといわれています。
生ローヤルゼリー ローヤルゼリーとは、働きバチ(ミツバチ)が体内で合成するもので、女王バチのエサとなる。
女王バチは2000個もの卵を毎日産む。
その源となっているのがローヤルゼリーである。
ローヤルゼリーには、必須アミノ酸を全て含むアミノ酸類とビタミンB群などが豊富に含まれている。
ハチミツよりもずっと栄養素が多い。
ローヤルゼリーに含まれているアミノ酸の働きで、成長促進、解毒作用、脂肪肝の緩和、肝機能の向上、疲労回復など多くの効果が期待できる。
また、ビタミンB群であるパントテン酸の働きで、善玉コレステロールを増やし、免疫力を向上させる働きもある。
その他にもローヤルゼリーには、脳の活性化や血圧調整などの作用があり、その中でも、ローヤルゼリー特有の有効成分であるデセン酸の働きで、更年期障害や自律神経失調症、ガンの抑制、老化防止などの効果もあるとされている。
無臭ニンニクエキス ニンニクは古代エジプト時代から香辛料や強壮剤として使用され、漢方でも多くの病気の治療に用いられ、その効用は数多く知られています。
ニンニク中の酵素アリイナーゼを不活性化しアリインをにおいの原因となるアリシンに変えることなく、そのままの形で取り出したものです。
ビタミンC ビタミンCとは、美容のビタミンとも呼ばれる水溶性ビタミン。
細胞間を支えているコラーゲンの生成に欠かせないビタミンである。
ビタミンCが不足すると、肌の張りがなくなり、出血しやすくなる。
またビタミンCは、抗酸化作用があるため、老化を遅らせるとも言われている。
さらに、鉄分の吸収を助けるため、貧血予防にも効果があるとされている。
喫煙するとビタミンCが大量に失われるため、喫煙者は一般の2~3倍のビタミンCが必要だと言われている。
ブルーベリーエキス ブルーベリーとは、ポリフェノールの一種であるアントシアニンを豊富に含む果物。
アントシアニンは目の健康に良いとして近年注目されている成分である。
ブルーベリーには、アントシアニンの他にもロドプシンという目に良いとされている成分が含まれている。
ロドプシンは視力を保つ重要な物質だ。
ブルーベリーは、よく知られている通り、眼精疲労や視力回復など、目の健康に効果があるとされている。
また、目の健康が良くなることで、肩こりなども軽減されると言われている。
その他にもブルーベリーには高い抗酸化作用を持つ有効成分が含まれているため、生活習慣病やガン、動脈硬化の予防にも効果があると期待されている。
プルーンエキス プルーンとは、日本名では西洋スモモのことで、昔から薬用とされてきた果実。
プルーンには、ペクチンという水溶性食物繊維やビタミンA、カリウム、鉄などを豊富に含んでいる。
ペクチンの働きにより、便秘解消や整腸作用が、ビタミンAの働きにより、夜盲症や眼病予防などの目の健康維持に、カリウムや鉄の働きにより、貧血予防などの効果があるとされている。
また抗酸化作用を持つポリフェノール類も多く含んでおり、生活習慣病やガンの予防にも効果があると期待されている。
ただし、プルーンは過剰摂取すると下痢になるので注意が必要。
クエン酸 クエン酸とは、酢や柑橘系のものに含まれる酸味成分。
疲労物質である乳酸を燃焼させる働きがあるため、すばやい疲労回復効果があり、肩こりや腰痛の予防にもなると言われている。
また、ミネラル分の吸収を高める効果もあるとされる。
レモンやグレープフルーツなどの柑橘類や梅干し、もろみ酢などに多く含まれている。
クエン酸を摂取する際にはビタミンB群も一緒に摂ると効果が高くなる。
ビタミンE ビタミンEとは、老化や身体の様々な不調の原因とされる活性酸素を除去してくれる働き(抗酸化作用)がある脂溶性ビタミン。
特に血中の酸化を防ぐため、動脈硬化の予防や、悪玉コレステロールの除去などに強い効果があるとされている。
また、ビタミンEには、不妊治療や更年期障害などの女性ホルモン特有の症状にも効果があるとされている。
さらには、冷え性や肩こり、肌荒れなど、血行による症状にも効果があると注目されている成分である。
リンゴ酸 リンゴ酸はクエン酸とともにとることによって殺菌作用や体内の炎症を癒す効果があることからので胃腸の働きを促進します。
安息香酸Na 安息香酸ナトリウムとは、エゴノキ科アンソクコウノキの樹脂に含まれている。
安息香酸ナトリウムは、水によく溶け、各種の微生物に対して、増殖を抑制する効果があり食品保存料として使われる。
ニコチン酸アミド ニコチン酸はビタミンの一種で、体の酸化還元反応にかかわっています。
また、皮膚や粘膜を正常にたもつ働きや、血行をよくする作用もあります。
ビタミンB1 ビタミンB1とは、疲労回復のビタミンとも呼ばれる水溶性ビタミン。
炭水化物や糖質をエネルギーに変える働きをする。
脳のエネルギーとなるブドウ糖の代謝にも欠かせないビタミンである。
脳の働きを良くしたり、アルツハイマーの予防などにも効果があるとされている。
また疲労回復やストレス解消にも効果があるとされている注目の成分である。
ビタミンB2 ビタミンB2とは、糖質やタンパク質の代謝、脂肪の分解をする水溶性ビタミン。
脂肪分の多い食事をする人には欠かせないビタミンである。
また、ビタミンB2は特に女性には欠かせないビタミンで、皮膚や肌、爪、髪などの発育や抵抗力を強める。
ビタミンB2が不足すると口内炎や眼精疲労、白内障などが起こる。
ビタミンB6 ビタミンB6とは、タンパク質の代謝を行う水溶性ビタミン。
脳や神経の刺激伝達を行うアミノ酸生成にも不可欠なビタミンである。
またビタミンB6は、免疫力を向上させるため、アレルギーに強くなる。
ビタミンB6が不足すると、貧血や動脈硬化、口内炎などになる。
つわりや月経痛の軽減にも効果があるとされている。
妊娠中は特に摂取したいビタミンである。
緑茶抽出物 茶の葉から作った茶のうち、摘み取った茶葉を加熱処理して発酵を妨げたもの
秋ウコン粉末 ウコンは、ショウガ科の植物で英名はTurmeric(ターメリック)。
草丈約1m、長楕円形無毛の大型の葉をつけ、日本では9~10月に葉の間から20cm程の花穂を出し、白~淡桃色をした花をつけます。
主要成分としてクルクミンを多く含み、カレー粉の原料として30~40%を占めることからもわかるように食品としての適応性に圧倒的に優れています。
琉球王朝時代から独自の文化を築いてきた沖縄では、ウコンは「ウッチン」と方言で呼ばれ、胃が弱ってきた場合の健胃薬として、また結核や喘息の治療用民間薬として使われてきました。
また、沖縄では古くからウコンは”肝臓病の特効薬”と言われてきました。
お酒を飲む前に飲んでおけば悪酔いをしないといったことも広く知られています。
シリマリン キク科オオアザミ属のマリアアザミから抽出した成分で、このマリアアザミは古くから強壮・食欲増進作用があるハーブとして肝臓疾病や便秘の治療に用いられてきました。
シリマリンは肝機能や腎機能を高める効果があり、ドイツでは医薬品として認可されるほど高い評価を得ています。
また、抗酸化作用も高く、ウコンとの相乗効果があります。
植物性コラーゲン(人参由来) コラーゲンは体を構成する基本的な成分ですが、年をとると体内で合成する力が衰えますので、適度に摂取することにより、それぞれの部位においては常に若々しさを保つことにつながります。
ホップ ホップとはクワ科蔓性のツル性多年生植物でハーブの一種。
古代から薬草として用いられて来ましたが、現在ではビールに苦味と芳香を与える原料として用いられています。
ギシギシ ギシギシはタデ科の植物で、生薬名は羊蹄根(ようていこん)といいます。
葉は食用としても用いられますが、根の薬効は高く便秘・にきび・高血圧・動脈硬化などに効果があります。
キダチアロエ キダチアロエはユリ科アロエ属の植物で、紀元前の昔から薬用として用いられており「医者いらず」と呼ばれるほどその効果は広い。
便秘から腎臓疾患までどんな症状にもよく効く万能薬であるとされています。
クミスクリン クミスクチンはシソ科の植物で、「インド腎茶」「ジャワ茶」の名前で古くから腎臓病の伝承医薬として広く使われています。
ドイツでは利尿薬として使用されるほど利尿効果が高く、腎結石・糖尿病・高血圧・リウマチの治療にも用いられます。
また、抗酸化作用も高く、ウコンとの相乗効果があります。
ビタミンA ビタミンAとは、目のビタミンとも呼ばれる脂溶性ビタミン。
視角作用を正常化させたり、夜盲症(暗いと見えなくなる病気)の軽減や、皮膚や粘膜の健康を維持する働きをする。
ビタミンB1 ビタミンB1とは、疲労回復のビタミンとも呼ばれる水溶性ビタミン。
炭水化物や糖質をエネルギーに変える働きをする。
脳のエネルギーとなるブドウ糖の代謝にも欠かせないビタミンである。
脳の働きを良くしたり、アルツハイマーの予防などにも効果があるとされている。
また疲労回復やストレス解消にも効果があるとされている注目の成分である。
ビタミンB2 ビタミンB2とは、糖質やタンパク質の代謝、脂肪の分解をする水溶性ビタミン。
脂肪分の多い食事をする人には欠かせないビタミンである。
また、ビタミンB2は特に女性には欠かせないビタミンで、皮膚や肌、爪、髪などの発育や抵抗力を強める。
ビタミンB2が不足すると口内炎や眼精疲労、白内障などが起こる。
ビタミンB6 ビタミンB6とは、タンパク質の代謝を行う水溶性ビタミン。
脳や神経の刺激伝達を行うアミノ酸生成にも不可欠なビタミンである。
またビタミンB6は、免疫力を向上させるため、アレルギーに強くなる。
ビタミンB6が不足すると、貧血や動脈硬化、口内炎などになる。
つわりや月経痛の軽減にも効果があるとされている。
妊娠中は特に摂取したいビタミンである。
ビタミンB12 ビタミンB12とは、赤血球の生成を行う水溶性ビタミン。
貧血は鉄分不足も上げられるが、ビタミンB12が不足しても起こる。
またビタミンB12は、集中力、記憶力を高めて精神を安定させたり、腰痛や肩こりにも効果があると言われている。
ビタミンC ビタミンCとは、美容のビタミンとも呼ばれる水溶性ビタミン。
細胞間を支えているコラーゲンの生成に欠かせないビタミンである。
ビタミンCが不足すると、肌の張りがなくなり、出血しやすくなる。
またビタミンCは、抗酸化作用があるため、老化を遅らせるとも言われている。
さらに、鉄分の吸収を助けるため、貧血予防にも効果があるとされている。
喫煙するとビタミンCが大量に失われるため、喫煙者は一般の2~3倍のビタミンCが必要だと言われている。
ビタミンD3 ビタミンDとは、太陽のビタミンとも呼ばれる脂溶性ビタミン。
紫外線に当たることによって体内に吸収されるものと、食事から摂取されるものがある。
ビタミンDは、カルシウムの吸収を良くし、カルシウム濃度を調整する働きがある。
カルシウムが不足すると骨や歯が弱くなる。
摂取する時はカルシウムを一緒に摂ると良い。
ただ、摂りすぎると逆に腎臓などに負担をかけるため正しい用量を守らなければならない。
ビタミンE ビタミンEとは、老化や身体の様々な不調の原因とされる活性酸素を除去してくれる働き(抗酸化作用)がある脂溶性ビタミン。
特に血中の酸化を防ぐため、動脈硬化の予防や、悪玉コレステロールの除去などに強い効果があるとされている。
また、ビタミンEには、不妊治療や更年期障害などの女性ホルモン特有の症状にも効果があるとされている。
さらには、冷え性や肩こり、肌荒れなど、血行による症状にも効果があると注目されている成分である。
ナイアシン ナイアシンとは、ニコチン酸やニコチン酸アミドなどの総称でビタミンB群の一種、水溶性ビタミン。
糖質や脂質の代謝を促す働きがあり、体内で必要なエネルギーのうち、70%近くをナイアシンが作っていると言われている。
ナイアシンは血行を改善し、脳神経の働きを強める。
また、様々な炎症を引き起こすとされるヒスタミンを抑制する働きがある。
葉酸 葉酸とは、ビタミンB群の一種で、水溶性ビタミン。
反応に関わるとされている。
DNAの合成や細胞分化に作用するため、胎児や乳幼児に不可欠なビタミンである。
そのため、妊娠中は積極的に摂取することが勧められている。
また、肺ガンや子宮ガン、心臓発作、脳卒中などの予防にも効果があるとされている。
乳酸菌 人の腸内には、良い働きをする善玉菌と、悪い働きをする悪玉菌が住んでいます。
乳酸菌は善玉菌の一種であり、乳酸やビタミンを作ります。
乳酸菌が腸内で増えると腐敗菌や病原菌などの悪玉菌の増加を抑えます。
また人の免疫力を高め、ガンや病原菌に対する抵抗力を強めます。
乳酸菌は整腸作用にも優れ、便秘や下痢を改善します。
乳糖 乳糖は、病原菌の基質にはなりにくく、乳酸菌を増やす働きがあるので、整腸作用があり便秘等に効果があります。
さらにカルシウムの吸収を促進することが分かっています。
セルロース セルロースは、植物細胞の細胞壁および繊維の主成分で、冷水にも熱水にも溶けない、不溶性食物繊維です。
ショ糖脂肪酸エステル ショ糖脂肪酸エステルとは、油脂から得られる脂肪酸と砂糖を反応させて製造される乳化剤のひとつ。