「健康長寿」を目指して

厚生労働省の「国民生活基礎調査」によると、 病人の割合を表す、「通院率」は、50代の後半からぐっと増えています。 老化と病気は深く関係しており、アンチエイジング(老化防止)こそ、究極の予防医学と言えます。

ラヴィタミン

成分を見る
60粒入り 商品コード/01075
小売価格 4,800円+税
メンバー価格 3,800円+税
1日2粒で12種類のビタミンが摂れ、毎日無理なく続けていただけます。
主な成分 還元麦芽糖,オリゴ糖,黒胡椒抽出物,ビタミンC,ナイアシン,ステアリン酸カルシウム,ビタミンE, ,パントテン酸カルシウム,ビタミンA,ビタミンD,ベタイン,ビタミンB12,ビタミンB2,ビタミンB6,ビタミンB1,葉酸.ビオチン
お召し上がり方 1日2粒を目安にお召し上がりください。

ぷるぷる3

成分を見る
30包入り 商品コード/01074
小売価格 11,900円+税
メンバー価格 9,500円+税
美肌のために良いとされる「コラーゲン」「プラセンタ」 「ヒアルロン酸」の3つを贅沢に配合した 美容と健康のための補助食品です。
主な成分 フィッシュコラーゲンペプチド(ゼラチン)、羊プラセンタエキス末、L-ヒドロキシプロリン、ヒアルロン酸
お召し上がり方 1日1~2包を目安にお好みの飲み物や食べ物に溶かしてお召し上がりください。

ウルトラルテイン

成分を見る
100粒入り 商品コード/01050
小売価格 12,500円+税
メンバー価格 10,000円+税
緑黄色野菜に多く含まれるマルチカロチン配合! 野菜不足や偏食が原因でルテイン不足を感じる方に! ウルトラルテインは3粒で20mgのルテインが摂取できます!
主な成分 マリーゴールド抽出物(ルテイン含有)、カシスエキス末、DHA含有精製魚油、ビタミンE、トマト抽出物(リコピン含有)、小麦胚芽油、ビルベリーエキス末、パーム油カロテン、抽出カロテン、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル
お召し上がり方 ルテインは食品成分ですので、摂取の時間帯はそれほど気にする必要はありません。1日3~4粒を目安として、水またはお湯でお召し上がりください。

グルコサミンEX

成分を見る
240粒入り 商品コード/01057
小売価格 7,000円+税
メンバー価格 5,600円+税
グルコサミンEXは、甲殻類が苦手な方にも安心な植物性のグルコサミンを使用しています。 健やかな毎日に必要な軟骨成分であるグルコサミンとコンドロイチンを補い、皆様の美容と健康をサポートするための健康食品です
主な成分 グルコサミン デビルズクローエキス サメ軟骨抽出物(コンドロイチン硫酸含有)
お召し上がり方 グルコサミンEXは食品ですからお召し上がりになる量に特別な制限はありませんが、1日8~10粒を目安として、水またはお湯でお召し上がりください。

となりのトナリン

成分を見る
180粒入り 商品コード/01065
小売価格 10,000円+税
メンバー価格 8,000円+税
となりのトナリンは、植物油に含まれるトナリン[共役リノール酸(CLA)]を主原料に糖質吸収を抑制する「サラシア」や成長を促す「プロファイバー」などを加えたダイエットを目的とした健康補助食品です
主な成分 共役リノール酸 プロファイバー サラシア 生コーヒーエキス
お召し上がり方 となりのトナリンは食品ですからお召し上がりになる量に特別な制限はありませんが、1日6粒を目安として、水またはお湯でお召し上がりください。
トナリン(共役リノール酸) 植物油に含まれる不飽和脂肪酸の一種で体内でつくられることはありません。 牛乳、バター、チーズなどの乳製品に微量に含まれています。 体内の各組織に栄養を送り元気にしてくれる働きがあり、特に脂肪をエネルギーに変えるように促したり代謝を高める働きがあります。
プロファイバー(酒粕酵素) 体内の油を包み込んで排泄する効果があり肥満抑制やコレステロール低下、胆石形成抑制などの効果があるとして使われています。 また脂肪酸合成酵素の低下による肥満予防が期待されます。
サラシア 糖質やブドウ糖に分解する酵素の働きを妨げるので糖尿病を防ぐとともに、脂肪の吸収を抑える働きや蓄積された脂肪の分解を促す働きがあることから脂肪燃焼の効果が期待できます。 腸内環境が悪化の原因となる悪玉菌を減らして便通を整えることで、腸内環境の改善とサラシア自体の抗酸化効果で美肌効果も期待できます。
生コーヒー末エキス ポリフェノールの一種で、コーヒー豆の色、香り、酸味のもとになっている「クロロゲン酸」という成分が含まれています。 クロロゲン酸には血糖値の調整をしているインスリンの分泌を促したり肝臓の糖新生(たんぱく質や脂肪から体内で糖を作り出すこと)を促す酵素の働きを阻害する働きがあります。 クロロゲン酸とカフェインが相乗的に働いて、糖や脂肪を減らし糖尿病や肥満を予防する効果が期待できます。
クロム酵母 栄養素である脂質、タンパク質などから、エネルギーを作り出す流れを滞りなく行うために必要な成分で,体内で起こるあらゆる代謝に関わっています。 特に血糖値を調整しているインスリンというホルモンの働きを助け、脂肪酸やコレステロールの合成を促進する働きによって脂肪代謝を活発にすることで、 血液中の中性脂肪やコレステロール値を正常範囲に下げ、動脈硬化や高血圧の予防に貢献します。
グルコサミン グルコサミンとは、軟骨のプロテオグルカンを作る材料のひとつで、糖とアミノ酸が結合したアミノ糖の一種です。
結晶セルロース セルロースは、植物細胞の細胞壁および繊維の主成分で、冷水にも熱水にも溶けない不溶性食物繊維です。 賦形剤として利用しています。
グリセリン脂肪酸エステル グリセリン脂肪酸エステルとは、油脂から得られる脂肪酸とグリセリンを反応させて製造される乳化剤のひとつ。 滑沢剤として利用しています。
二酸化ケイ素 ケイ素の酸化物で、地殻を形成する物質のひとつである。 硬度向上剤として利用しています。
デビルズクローエキス末 デビルズクローは、南アフリカや東アフリカ原産の砂漠に生育するゴマ科の植物で、実には堅い2本の爪状の棘を持つことからアフリカ南部の先住民達に「悪魔の爪(デビルズクロー)」と呼ばれ、和名をライオンゴロシといいます。
サメ軟骨抽出物(コンドロイチン硫酸含有) コンドロイチンはムコ多糖類の一種です。 加熱するとゲル化する性質をもち、食物繊維の仲間でもあります。 コラーゲンとともに結合組織を構成しています。 日々の生活で不足しがちな成分です。
マリーゴールド抽出物(ルテイン含有) キク科一年草で、夏から秋にかけて黄色やオレンジ色の八重咲きの花をつけます。 マリーゴールドの花の黄色の主成分はルテインというカロチノイドの一種です。 抗酸化作用をはじめとする優れた生理活性効果を持つことが明らかになってきています。
カシスエキス カシスの果実から作られるリキュールは、芳醇な香り、軽い酸味とまろやかな口当たりを持つ果実酒として世界的に有名です。 果実はビタミンCを豊富に含む他、ミネラル類も他のベリーに比べて多く、また抗酸化物質として注目を集めているアントシアニンがブルーベリー以上に多く含まれています。 アントシアニンは他の植物には含まれていることが少ないカシス特有の成分で、眼球内網膜に存在する視覚物質の一つロドプシンの再合成を促進させる機能が認められていますので、暗順応の改善、夜間視力の改善などの効果が期待できます。
DHA含有精製魚油 青魚の脂肪に多い不飽和脂肪酸で、血液の流動性を高め、血小板が凝集して血栓ができるのを防ぐ働きがあります。 眼については、ルテインとの併用による相乗効果でヒトの動体視力を改善する効果があると言われています。
ビタミンE ビタミンEとは、老化や身体の様々な不調の原因とされる活性酸素を除去してくれる働き(抗酸化作用)がある脂溶性ビタミン。 特に血中の酸化を防ぐため、動脈硬化の予防や、悪玉コレステロールの除去などに強い効果があるとされている。 また、ビタミンEには、不妊治療や更年期障害などの女性ホルモン特有の症状にも効果があるとされている。 さらには、冷え性や肩こり、肌荒れなど、血行による症状にも効果があると注目されている成分である。
トマト抽出物(リコピン含有) 天然カロチノイドの一種で緑黄色野菜の中では成熟したトマトにのみ含まれる赤色色素です。 カロチノイドの中でも最も抗酸化作用が強く、体内への吸収率が高いことでも知られています。 最近の研究では前立腺・肝臓・膀胱・肺・子宮・乳腺などへの発ガン抑制効果があることがわかっています。
小麦胚芽油 小麦胚芽には、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、タンパク質などが豊富に含まれており、その中でもビタミンEの効果が強いとされる。 小麦胚芽は、血をサラサラにし、細胞を活発化させる働きがある。 また、ビタミンB1も豊富で、疲労回復や便秘の解消などにも効果があるとされている。
ビルベリーエキス ツツジ科の多年生低木の果実ブルーベリーは、欧州では果実を生食するほか、ジャムやゼリーづくりに用いられています。 ビルベリーは野生ブルーベリーの一種で、ブルーベリーの中で最も多くアントシアニンが含まれています。カシスエキス同様ビルベリー含まれるアントシアニンが眼球内網膜に存在する視覚物質の一つロドプシンの再合成を促進させる機能が認められていますので、暗順応の改善、夜間視力の改善などの効果が期待できるほか、眼精疲労の改善・眼精疲労からくる肩のコリをやわらげる効果があります。
パーム油カロテン パーム油の原料はオイルパーム(あぶらやし)の果肉(フルーツ)です。 パーム油には、健康にやさしい天然カロテンとビタミンEを豊富に含むのが特徴です。 パーム油は、古くは5000年前のエジプト王国でも使用されていた食用油です。
抽出カロテン ベータカロテンは人参やさつまいも、かぼちゃなどの緑黄色野菜やパパイアなどの果物に多く含まれている色素であるカロチノイドの一種です。 カロテンの中でももっとも多く存在し、緑黄色野菜の中枢成分です。
ビタミンB6 ビタミンB6とは、タンパク質の代謝を行う水溶性ビタミン。 脳や神経の刺激伝達を行うアミノ酸生成にも不可欠なビタミンである。 またビタミンB6は、免疫力を向上させるため、アレルギーに強くなる。 ビタミンB6が不足すると、貧血や動脈硬化、口内炎などになる。 つわりや月経痛の軽減にも効果があるとされている。 妊娠中は特に摂取したいビタミンである。
ビタミンB1 ビタミンB1とは、疲労回復のビタミンとも呼ばれる水溶性ビタミン。 炭水化物や糖質をエネルギーに変える働きをする。 脳のエネルギーとなるブドウ糖の代謝にも欠かせないビタミンである。 脳の働きを良くしたり、認知症の予防などにも効果があるとされている。 また疲労回復やストレス解消にも効果があるとされている注目の成分である。
ビタミンB2 ビタミンB2とは、糖質やタンパク質の代謝、脂肪の分解をする水溶性ビタミン。 脂肪分の多い食事をする人には欠かせないビタミンである。 また、ビタミンB2は特に女性には欠かせないビタミンで、皮膚や肌、爪、髪などの発育や抵抗力を強める。 ビタミンB2が不足すると口内炎や眼精疲労、白内障などが起こる。
ビタミンB12 ビタミンB12とは、赤血球の生成を行う水溶性ビタミン。 貧血は鉄分不足も上げられるが、ビタミンB12が不足しても起こる。 またビタミンB12は、集中力、記憶力を高めて精神を安定させたり、腰痛や肩こりにも効果があると言われている。
ミツロウ ミツロウとは、ミツバチが巣を作るために分泌したロウ分で、ハチの腹から出され、巣の原料になる。 巣を熱し圧搾し、煮るとロウがとれます。 エステルが主成分で、熱を加えると溶けるので、昔から結合剤に利用されてきた。
グリセリン脂肪酸エステル グリセリン脂肪酸エステルとは、油脂から得られる脂肪酸とグリセリンを反応させて製造される乳化剤のひとつ。
フィッシュコラーゲンペプチド(ゼラチン) コラーゲンは、体の弾力をつくり出しているたんぱく質のひとつです。皮膚や骨、血管などに含まれ、細胞と細胞を結ぶ働きをしています。コラーゲンには弾力性があるため、肌ではハリや弾力をもたらす効果、関節痛を緩和する効果、骨を丈夫にする効果、血管ではしなやかさを保ち動脈硬化を防ぐ効果など様々な働きが期待されています。
羊プラセンタエキス末 プラセンタとは、哺乳類の胎児を成長させるための胎盤のことです。馬や豚などの動物由来のプラセンタは、美肌効果や肌の若返りへの効果が期待され、サプリメントや化粧品に配合されています。特に羊のプラセンタは人間のアミノ酸構成に非常に似ているといわれています。
トレハロース トウモロコシやジャガイモの澱粉から酵素から生成される食品添加物です。食品の品質保持・品質向上を目的として使われています。
L-ヒドロキシプロリン コラーゲンに特有のアミノ酸です。高い経皮吸収性と保湿性をもち、皮膚のはり、弾力性を増加させ、皮膚の柔軟性を改善させるなど、皮膚の老化防止に非常に効果的な成分です。
ヒアルロン酸 ヒアルロン酸とは、1gで6リットルもの水分を保つ優れた保水力を持つ成分です。 目や肌で潤いを保ち、関節では潤滑油のような役割を担っています。肌の乾燥予防や改善に効果的として知られています。
黒胡椒抽出物黒胡椒に含まれるピペリンには、エネルギー代謝を上げる働きと、血管を広げて血流をスムースにする働きがあり、共に摂取したビタミン類やクルクミンなどの栄養素の吸収を促進してくれます。ピペリンは血管を拡張させて、身体のすみずみまで血液を行き渡らせてエネルギーの代謝も向上させるため、結果として脂肪が燃焼されやすくなり、ダイエットの効能や特に冷え症の改善にも期待できます。又、抗酸化作用もあり、お肌の老化を防ぐ効能や、発汗作用により代謝を高める効果とも合わせて、風邪の時などにも効果があると言われています。
ビタミンCアスコルビン酸としても知られるビタミンCは、食品に含まれている水溶性の栄養素です。ビタミンCには、酸化防止作用があり、体内でフリーラジカルによるダメージから細胞を守るのを助けます。フリーラジカルとは、摂取した食物が体内でエネルギーに変わる時に形成される化合物です。身体は傷の治癒に必要なタンパク質であるコラーゲンを生成するためにもビタミンCを必要とします。さらに、ビタミンCは、植物性食品からの鉄の吸収を促し、病気から身体を守るために免疫系が適切な働きをするのを助けます。
ナイアシン水溶性ビタミンB群の一つで、ニコチン酸とニコチンアミドの総称です。 脱水素酵素の補酵素として糖質、脂質、たんぱく質の代謝、エネルギー産生に関与しています。
ビタミンEビタミンEは多くの食品に含まれる脂溶性の栄養素です。ビタミンEには酸化防止作用があり、体内でフリーラジカルによるダメージから細胞を守るのを助けます。 免疫機能を高め、体内に侵入してくる細菌やウイルスを撃退するためにも、ビタミンEは必要です。また、血管拡張を促し、血管内で血液が凝固するのを防ぎます。身体の細胞が互いに連携し、多くの重要な機能を果たす際にもビタミンEは使われます。
パントテン酸カルシウムパントテン酸は、糖質、脂質、たんぱく質の代謝とエネルギー産生に不可欠な酵素を補助する役割をしています。また、コレステロール、ホルモン、免疫抗体などの合成にも関係しています。これらのことから、皮ふや粘膜の健康維持を助ける働きもしています。
ビタミンA脂溶性ビタミンの1つで、主に動物性食品に含まれており、体内ではレチノール・レチナール・レチノイン酸といった3種の活性型で作用しています。ビタミンAは皮膚や粘膜の正常保持・視覚の正常化・成長および分化に関与しているため、不足すると皮膚や粘膜の乾燥・夜盲症・成長障害・胎児の奇形などを引き起こすおそれがあります。
ビタミンDビタミンDは、カルシウムやリンなどのミネラルの代謝や恒常性の維持、骨の代謝に関係しており、不足すると子どもではくる病、成人では骨軟化症などが起こることが知られています 。最近では多くの研究が行われ、ビタミンDの欠乏は、呼吸器感染症や呼吸器疾患、自己免疫疾患、各種がん、糖尿病、痴ほう症、うつ病、妊娠結果に関連する可能性があります。
ビタミンB12ビタミンB12はコバルトを含むビタミンの総称で、ヒドロキソコバラミン、アデノシルコバラミン、メチルコバラミン、シアノコバラミン、スルフィトコバラミンがあります。抗悪性貧血因子として牛の肝臓中に発見されたビタミンで 、微生物以外では合成されないため、植物性食品にはほとんど含まれません。体内では、メチルコバラミンとアデノシルコバラミンが、アミノ酸や脂質などの代謝の補酵素として働いており、不足すると悪性貧血や神経障害などが起こることが知られています。
ビタミンB2ビタミンB2 は水溶性のビタミンで、、ほとんどの栄養素の代謝に関わる補酵素としての働きがあります。その他、ビタミンB2には、成長促進・皮膚や粘膜の保護といった働きもあり、不足すると成長障害・脂漏性皮膚炎・口内炎などを引き起こすことが知られています。
ビタミンB6ビタミンB6は水溶性のビタミンで、たんぱく質、脂質、炭水化物の代謝の補酵素、神経伝達物質である生理活性アミンの代謝の補酵素、ホルモン調節因子などとして働いており、不足すると皮膚炎などが起こることが知られています。
ビタミンB1ビタミンB1は米糠から発見された水溶性のビタミンです。糖質および分岐鎖アミノ酸代謝における酵素 (トランスケトラーゼ、ピルビン酸脱水素酵素、α-ケトグルタル酸脱水素酵素) の補酵素として働きます。
葉酸葉酸は、ビタミンB群に属する水溶性ビタミンである。生体内では、DNA合成の際の補酵素として重要であるほか、ホモシステインをメチオニンに転換する過程に不可欠である。体内の葉酸の約50%が肝臓内に存在し、残りが細胞内や血中に含まれている。葉酸の摂取が不足すると、細胞分裂の盛んな骨髄でまず影響が現れるが、進行すると赤血球数が減少し、さらには大球性貧血を呈する。近年では、葉酸欠乏により血液中のホモシステイン値が上昇すると、動脈硬化性疾患の危険性が高まるとの報告が見られ、循環器疾患の予防からも重要性が増している栄養素です。
ビオチンビオチンは哺乳類では生合成ができないため必須の水溶性ビタミンです 。食品から摂取するほか、腸内細菌によっても合成されますが、その合成量だけでは生体における必要量を維持できないと言われています 。糖質、脂質、たんぱく質の代謝に必要な栄養素です。